510.長崎の鐘

長崎の鐘
 作詞 サトウハチロウ 作曲 古関裕而 歌 藤山一郎
永井隆
 長崎医大 カトリック信者 8月9日の原爆で妻を失ったが、
 キリスト教的博愛精神で被爆者の治療に当たり、6年後白血病で43歳で死亡
 心地から700メートルしか離れていない長崎医大の診察室で被爆した永井は、飛び散ったガラスの破片で
 頭部右側の動脈を切断した。簡単に包帯を巻いただけで、生き残った医師や看護婦たちとともに
 被災者の救護に奔走した。 この体験を病床で。ベストセラー
 8月『長崎の鐘』、翌23年(1948)1月『亡びぬものを』、3月『ロザリオの鎖』、4月『この子を残して』、
 昭和24年(1949)3月『花咲く丘』、10月『いとし子よ』など、多くが数万部から数十万部のベストセラーとなった。
 8月『生命の河』昭和23年10月には、来日中のヘレン・ケラーが見舞いに訪れ、翌24年5月に
 巡幸中の昭和天皇の見舞いを受けた。
 原爆で倒壊した浦上天主堂の鐘が瓦礫の下からほりだされ再び平和を願う音を響かせるにいたった
永井誠一(息子)・・・焼け跡で自分の妻のロザリオを発見し父は言葉も出なかったと思います。
            だから人々が廃墟から立ち上がりゆく姿に希望をみいだした。
           そんな平和の願いを天主堂の鐘の音に託してかきとめた と語っている
式場隆三郎(山下清を育てた医師)の目に留まりコロンビアのレコード化⇒サトウハチロウへ
サトウハチロウ   ヒロシマ原爆で2歳下の弟をなくしている 他2人も戦争でなくしている
            本人は神様が俺に書けと言っているに違いないと確信と言われている
古関裕而 
 作曲の曲が戦時歌謡が多かったため⇒戦後批判される 何かしら心に期するものがあった(長男正裕氏弁)
 長崎だけでなくこの戦災の受難者全体に通じる歌と感じ、うちひひしがれた人々のために再起を
 願って(なぐさめ)力強く歌いあげた曲
永井隆が感謝の短歌を 藤山一郎は、アコーデオンを携えて永井を見舞い、その枕辺で『長崎の鐘」を歌った。
  永井はその礼として、次の短歌を贈っている。
 新しき 朝の光の さしそむる あれ野に響け 長崎の鐘
25年映画「長崎の鐘」の主人公は永井隆。若原雅夫が演じている。妻役は月丘夢路。
 永井隆博士の前向きな姿勢、献身的な行動、人への愛情に、未来への希望と勇気、
 「なぐさめ」と「はげまし」をもらえる 映画
如己(にょこ)堂
爆心地から北北東へ約620m、病に倒れた永井隆博士のために、1948年(昭和23)3月建立
浦上のカトリック信者と近所の人の好意で建てられた二畳一間の小さな木造の家。
天主堂
 カトリック 1865年建立(キリスト教の建物は日本最古) 1953年国宝2018年世界遺産
 (長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

アンジェラスとは天使のお告げのことです。その言葉から始まる祈りです


 1975年大浦教会が天主堂に立てられミサが行われている
a0261848_14504784.jpg

a0261848_14504539.jpg

a0261848_14490289.jpg

a0261848_14464803.jpg

a0261848_14464120.jpg

a0261848_14474085.jpg

a0261848_14462684.jpg

a0261848_14493465.jpg

ロザリオ
a0261848_14470016.jpg

如湖己堂
a0261848_14454720.jpg

てんしゅどう
a0261848_14451834.jpg

a0261848_14450584.jpg




# by meikyokukahi | 2018-09-12 14:55 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

509.おわら名歌


おわら

①江戸時代文化年間頃、芸達者な人々は、七五調の唄の中に「おわらひ(大笑い)」という

 言葉を差しはさんで町内を練り廻ったのがいつしか「おわら

②豊年万作を祈念した「おおわら(大藁)」説

③小原村の娘が唄い始めたからと言う「小原村説」などがある。



が風の被害に遭わないよう、豊作祈願が行われてきました。その祭りを「風の盆」おどりには女踊り、男踊り、と継承され今日のおわら風の盆に おわらの踊りは静かながらも情緒たっぷりすばらしい伝統
越中おわらhttp://senshoan.main.jp/minyou/owara-word.htm

哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露する。

艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了する

おわら風の盆が行なわれる3日間、合計25万人前後の見物客が八尾を訪れる



24のおわら名歌が散在している。すべては撮影できなかったが、野口雨情など碑があった。


a0261848_10104193.jpg

a0261848_10104487.jpg
a0261848_10160053.jpg

a0261848_20264883.jpg


a0261848_10003345.jpg


a0261848_20275189.jpg
a0261848_20283460.jpg
a0261848_20285719.jpg
a0261848_20291363.jpg
a0261848_20295194.jpg
a0261848_20311799.jpg
a0261848_20312443.jpg
a0261848_20313419.jpg
a0261848_20322843.jpg
a0261848_20322678.jpg
a0261848_20321979.jpg
a0261848_20321561.jpg
a0261848_20321117.jpg
a0261848_09523536.jpg
a0261848_09523022.jpg
a0261848_10052632.jpg
以下北陸新聞より

a0261848_12021009.jpg
a0261848_12020777.jpg
a0261848_12020326.jpg
a0261848_12022507.jpg










# by meikyokukahi | 2018-09-05 20:33 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

508.海ゆかば(高岡市勝興寺)

作曲 信時潔 作詞 大友家持
昭和12年国民歌謡として初放送大伴家持(おおとものやかもち)の歌で、万葉集巻十八に収録されている長歌です。
この歌は、大君=天皇のために死す、という歌と一般には思われている。 戦いに行く兵士の「決意」を詠った歌
原題は「賀陸奥国出金詔書歌(みちのくのくにに金 (くがね) をいだすしょうしょを賀(ほ)ぐうた)」で、東北地方で金の鉱脈が発見され、そのことを祝った歌


海行(うみゆ)かば
水漬(みづ)く屍(かばね)
山行(やまゆ)かば 草生(くさむ)す屍(かばね)
大君(おおきみ)の 辺(へ)にこそ死(し)なめ
かへりみはせじ

意味
海を行けば、
水に漬かった屍となり、
山を行けば、草の生す屍となって、
大君のお足元にこそ死のう。
後ろを振り返ることはしない

戦いに行く兵士の「決意」を詠った歌。

a0261848_17022744.jpg

a0261848_16595154.jpg

a0261848_17013510.jpg
a0261848_19565289.jpg
a0261848_11475900.jpg




# by meikyokukahi | 2018-09-05 17:15 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

507.夕日(高岡市古城公園内)その2(506参照)

a0261848_16364636.jpg
a0261848_16371125.jpg
a0261848_16405047.jpg
a0261848_16373334.jpg
a0261848_16375626.jpg
a0261848_16381729.jpg
a0261848_16383541.jpg
a0261848_16390985.jpg






# by meikyokukahi | 2018-09-05 16:41 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

506.夕日(高岡市北陸銀行前)

詞 葛原 しげる 作曲 室崎 琴月
大正10年作曲、11月に発表 高岡古城公園で眺めた夕日を思い浮かべた。当初きんきんきらきら であったが、子供に言われ ぎんぎんぎらぎらになった。


1.ぎんぎんぎらぎら 夕日が沈む ぎんぎんぎらぎら 日が沈む
まっかっかっか 空の雲 みんなのお顔も まっかっか
ぎんぎんぎらぎら 日が沈む
2.ぎんぎんぎらぎら 夕日が沈む ぎんぎんぎらぎら 日が沈む
烏(からす)よ お日を追っかけて まっかに染(そ)まって 舞って来い
ぎんぎん ぎらぎら 日が沈む
3.ぎんぎんぎらぎら 夕日が沈む ぎんぎんぎらぎら 日が沈む
まっかっかっか 空の雲 みんなのお顔も まっかっか
ぎんぎんぎらぎら 日が沈む


a0261848_16105947.jpg
a0261848_16174955.jpg
a0261848_16175629.jpg


a0261848_16094548.jpg
a0261848_16095358.jpg
a0261848_16101494.jpg
a0261848_16071226.jpg
a0261848_16082462.jpg



# by meikyokukahi | 2018-09-05 16:16 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

505.荒城の月(富山市)その5(55,162,207,445参照)

富山に一年8ヶ月父の転勤で住む。生誕100年を記念して富山九州人会が建立とある



a0261848_15530769.jpg

a0261848_15561876.jpg

a0261848_15532052.jpg
a0261848_15532402.jpg
a0261848_15531706.jpg
a0261848_15575011.jpg
a0261848_15555243.jpg



# by meikyokukahi | 2018-09-05 16:01 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

504.小田原童謡大使(読売新聞18.7.2朝刊)500,501参照

a0261848_17482500.jpg

# by meikyokukahi | 2018-07-02 17:48 | ⑤新聞等の情報 | Comments(0)

503.美しのサンジェゴ(横浜山下公園)

作詞佐伯孝夫 作曲吉田 正 歌渡辺 はま子
 昭和35年サンジェゴからの寄贈の水の守護神像、美しい(うるわ)のサンディエゴの歌碑(提携25周年記念碑)がある。横浜の姉妹都市で(昭和32年)で人的、文化交流がある。歌碑はサンディエゴにもある

1923年(大正12年)関東大震災で、横浜では多くの建物が倒壊・焼失しました。

現在の山下公園通り前の海岸線は瓦礫の集積場に指定され、瓦礫で海岸線は埋め立てられた。

その後、関東大震災の復興事業として、海岸公園を造成することが計画された。


集められた瓦礫の上に、さらに土を盛って、その上に整備されたのが山下公園。

昨年、山下公園で実施されたボーリング調査では、地下の地層から茶碗の破片等の日用品が出土、関東大震災の記憶は山下公園の地下に眠っている。1930年(昭和5年)3月15日開園。

a0261848_11494412.jpg
a0261848_11512686.jpg
a0261848_11500070.jpg
a0261848_11501027.jpg
a0261848_11500790.jpg



# by meikyokukahi | 2018-06-24 11:51 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

502.地域うたごえ実施

地元自治会館でのうたごえじっしした。30名くらいと会館は一杯だった。童謡生誕100周年を向かえ人気が高まってきている
a0261848_17222595.jpg

# by meikyokukahi | 2018-06-21 17:22 | ④トピック・投稿記事・情報 | Comments(0)

501童謡生誕100年北原白秋(朝日新聞30.6.21)500番参照

白秋と山田耕作の記事
a0261848_17164915.jpg
a0261848_17164315.jpg


# by meikyokukahi | 2018-06-21 17:17 | ⑤新聞等の情報 | Comments(0)

500.童謡誕生100年童謡とわらべ唄(北原白秋薮田義雄)(290,228,98,82)参照

町田市児童文学館で開催中鈴木三重吉赤い鳥から童謡誕生・北原白秋・野口雨情。薮田義雄さんなどが語られている(内容は別途作成中)
a0261848_11584851.jpg


a0261848_10545048.jpg
a0261848_10585573.jpg
赤い鳥は1918年7月創刊~1936年8月全196冊
鈴木三重吉が当時の児童雑誌に文学的・幻術的がないことに嘆き創刊
白秋は童謡等作詞した
童謡とは
 文献上はじめて童謡の言葉登場は日本書記(わざうたと読まれ社会的事件の予言や風刺の歌)
 平安時代は童のうたふ歌としてわらべ歌の原型⇒江戸時代童謡古謡に子供たちの遊びの中から生まれ伝承されてきたわらべ歌がある
 白秋(1885年柳川生海産物問屋と酒造の資産家)1918年23歳 病身の妻の療養で小田原に
(白秋会館分類③228参照がある)しかし木兎(みみずく)の家となずけ洋館3階建てたてたが妻が雑誌記者と出奔。失意の白秋は翌年佐藤きくと結婚した。 白秋は子供を大人の価値観で捉えず子供独自の自由な言葉や風土から生まれた言葉を 大事に新鮮な表現と高い芸術性を目指す。約1220編を創る。口語や日常語、擬態語、擬声語、で子供の心を歌うリズミカルなものなど作詞
 当初童謡に曲を付けることは否定的だったが山田耕作と出逢い名作が誕生。からたちの花は代表作)100曲ぐらいある)
 薮田義雄は白秋に師事。白秋の去ったあと意志をつぎわらべうたの研究した
 北原白秋、日本伝承童謡集成など発刊
a0261848_12060130.jpg
a0261848_12061240.jpg



# by meikyokukahi | 2018-05-27 10:59 | ④トピック・投稿記事・情報 | Comments(0)

499.童謡誕生100年(読売新聞5.26朝刊)

鈴木三重吉が赤い鳥を出版して100年世界に類を見ない童謡・長く続けたい
a0261848_10493675.jpg
a0261848_10493875.jpg
a0261848_10494108.jpg


# by meikyokukahi | 2018-05-27 10:50 | ⑤新聞等の情報 | Comments(0)

498.さざれ石について(497番参照)

さざれ石は、もともと小さな石の意味であるが長い年月をかけて小石の欠片の隙間を炭酸カルシウム(CaCO3)や水酸化鉄が埋めることによって、1つの大きな岩の塊に変化したものも指す。学術的には「石灰質角礫岩」などとよばれる。石灰岩が雨水で溶解して生じた、粘着力の強い乳状液が少しずつ小石を凝結していき、石灰質の作用によってコンクリート状に固まってできる。
滋賀県・岐阜県境の伊吹山が主要産地である。
歌詞中のさざれ石(細石)は文字通り、細かい石・小石の意であり、それらの小石が巌(いわお)となり、さらにその上に苔が生えるまでの過程が、非常に長い歳月を表す比喩表現として用いられている

横浜妙香寺の説明には以下の通り
a0261848_10481538.jpg
a0261848_10481906.jpg
a0261848_10372307.jpg



# by meikyokukahi | 2018-04-24 10:51 | ④トピック・投稿記事・情報 | Comments(0)

497.君が代(国歌)の歴史ついて(498番参照=さざれ石解説)

私の尊敬する永富邦雄氏(故人)の研修会でのレジメを10年以上前にいただいてましたが、今回サザレイシなどの歌碑を訪問するにつれて公開にふみきりました。歌碑などの詳細は496番を参照ください。
 国歌の歴史がとてもよくわかります。日本人としては知っておきたいものです。
a0261848_10283684.jpg
a0261848_10284004.jpg

1999年(平成1(平成1年)に「国旗及び国歌に関する法律」が制定され、正式に日本の国歌となりました。



現代のもの

a0261848_20192619.jpg


a0261848_20192173.jpg
a0261848_20192353.jpg
a0261848_20192869.jpg


# by meikyokukahi | 2018-04-23 20:20 | ④トピック・投稿記事・情報 | Comments(0)

496.潮来笠(潮来市あやめ園)

作詞:佐伯孝夫 作曲:吉田 正 歌:橋 幸夫
昭和60年 来笠はもともと<あやめ笠>と呼ばれ、葦などで作られた農作業用の笠(田植えの田笠など)で、潮来地方の女性が被ったもの
橋幸夫デビュー曲
a0261848_11350458.jpg
a0261848_11352600.jpg
a0261848_11355215.jpg
a0261848_11442988.jpg
a0261848_11361856.jpg
a0261848_11362430.jpg
a0261848_11364281.jpg
a0261848_11381393.jpg
a0261848_11382747.jpg
a0261848_11395634.jpg
a0261848_11394946.jpg
a0261848_11393792.jpg





# by meikyokukahi | 2018-04-15 11:40 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

495.潮来花嫁さん(潮来市あやめ園)

作詞柴田よしかず 作曲 水野富士夫   唄 花村菊江
1960年(昭和35年)発売
嫁入り舟は、昔ながらで今は6月のあやめの季節に行われる行事になっている。川岸には多くの人々が見守り、手漕ぎろ舟が静かに進んでいく。また第67回水郷潮来あやめ祭りで潮来花嫁さんを募集している。費用は75000円と格安。 
a0261848_11210436.jpg



a0261848_11212113.jpg
a0261848_11215899.jpg
a0261848_11223868.jpg
a0261848_11224601.jpg



a0261848_11213439.jpg
a0261848_11214738.jpg
a0261848_11230503.jpg
a0261848_11232155.jpg
a0261848_11233503.jpg




# by meikyokukahi | 2018-04-15 11:27 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

494.大利根月夜(佐原緑地公園)

作詞:藤田まさと 作曲長津 義司 歌 田端義夫 

大正8年生まれ 94歳没 バタヤンで愛された
 別れ船 帰り船 島育ち など 1200曲以上レコーディングしたという

a0261848_10574609.jpg
a0261848_10580084.jpg
a0261848_10581483.jpg
a0261848_10591308.jpg
  


a0261848_10582600.jpg
a0261848_10584129.jpg
a0261848_10594451.jpg




# by meikyokukahi | 2018-04-15 11:08 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

493.帰ってこいよ(佐原市八筋川)

作詞平山忠夫 作曲 一代のぼる 歌 松村 和子
1980年(昭和55年)のレコード大賞曲 民謡茶屋「じょんがら」を母が経営経営
歌碑にあるように作詞者が昭和2年佐原市八筋川に生まれた関係で50周年を記念して平成14年に建立

a0261848_10473040.jpg
a0261848_10482632.jpg

a0261848_10474745.jpg
a0261848_10480123.jpg




# by meikyokukahi | 2018-04-15 10:56 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

492.おんな船頭唄

作詞藤間哲郎 作曲:山口俊郎 唄:三橋美智也
昭和30年ヒット
 ざんさら ざわざわ音がする
 真菰 イネ科の多年草
十三七つ 十三夜の七つ時(4時ごろ)で出  たばかりの月をいい若いという意味か?
三橋美智也 海道上磯町(現:北斗市)出身。5歳で民謡の初舞台9歳で全道民謡コンクールに優勝、民謡界の天才と呼ばれる。
 昭和29年(1954)にキングレコードから『酒の苦さよ』で歌謡界にデビュー、翌昭和30年(1955)には、この『おんな船頭唄』が大ヒット
、『
赤い夕陽の故郷』『古城』『リンゴ村から』など、郷愁を帯びたヒット曲を次々に出した。 二木紘三さんの文献参照
  



a0261848_10294822.jpg
a0261848_10300138.jpg
a0261848_10313917.jpg




# by meikyokukahi | 2018-04-15 10:43 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

491.君が代(さざれ石)鹿島神宮 その5(477,472,471,396)参照

さざれ石(細石石灰石が長い年月をかけて雨水で溶解し、粘着力の強い乳状液が小さな石の隙間に凝結し、ひとつの大きな岩の塊になったもの
 さざれ石は年月をかけて成長することから、神霊の宿る石だと信じられてきました。 古来より日本人は、岩や山などに神様が宿ると信じており、日本各地には岩や石を依代(よりしろ)(神霊が降臨するときに宿るとされるもの)とする神社がたくさんある。、「男女が手を取り合って」や「国民が団結して」という意味合いがある
 

君が代 古今和歌集の短歌。鎌倉時代おめでたい歌と鳴る。
明治2年(1869年)、薩摩藩歩兵隊長だった大山巌が天皇陛下が臨席する儀式用の歌として「君が代」を選びました。
明治13内省式部職雅楽課の雅楽師が曲をつけ、ドイツ人の音楽家が編曲。
詳細は当ブログ396を参照
 





a0261848_18410875.jpg


a0261848_18411112.jpg
a0261848_18411468.jpg
a0261848_18411829.jpg
a0261848_18412233.jpg
a0261848_18412544.jpg

# by meikyokukahi | 2018-04-14 18:43 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

490.宵町草(銚子ふれあい広場)その6(489,442,324,78,44)参照

海鹿島の石碑(当ブログ489番)の碑文を写して作られた
なお他に国木田独歩、尾崎咢堂、小川芋銭 の詩碑があった


a0261848_17592227.jpg
a0261848_17593451.jpg
a0261848_18001563.jpg
a0261848_17594338.jpg
a0261848_18271566.jpg

a0261848_18002361.jpg


a0261848_18000533.jpg
a0261848_18102004.jpg
a0261848_18101639.jpg

a0261848_18012465.jpg
 
a0261848_18111137.jpg
a0261848_18131106.jpg
a0261848_18133684.jpg
a0261848_18140748.jpg
a0261848_18141983.jpg








# by meikyokukahi | 2018-04-14 18:20 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

489.宵町草(海鹿島高台)その5(443,324,78,44)参照

歌碑は昭和45年に建立
ここが作詞の地である


a0261848_17423724.jpg
a0261848_17425152.jpg
a0261848_17501500.jpg
a0261848_17501150.jpg

a0261848_17430108.jpg
a0261848_17424530.jpg
a0261848_17515443.jpg



# by meikyokukahi | 2018-04-14 17:47 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

488.かたくりの花~君のことの~  花が満開


カタクリの花が満開だ。歌声でよくリクエストされる。カタクリの花~君のこと~ (印象深い)
カタクリは
ユリ科 片栗、古い名前は堅香子(かたかご)、太陽に当たると花が上を向く、花は2週間程度咲く。
種子は発芽から7~9年で花が咲く。
もののふの八十娘子らが汲みまがふ寺井の上の堅香子(かたかご)の花」この歌は越中万葉のシンボルとして親しまれている。越中万葉歌碑 ~勝興寺に碑がある
写真は神奈川県横浜市四季の森、町田市薬師池、カタクリの里(相模原市)18.3.22~23日撮影,栃木県みかも山公園18.3.28撮影

http://bunbun.boo.jp/okera/kako/katakuri_hana.htm
a0261848_17272863.jpg
a0261848_09583803.jpg

a0261848_17274330.jpg
a0261848_17273897.jpg
a0261848_17273346.jpg
a0261848_17282462.jpg
a0261848_17284740.jpg
a0261848_17282043.jpg
a0261848_21061745.jpg
a0261848_21063615.jpg
a0261848_21071993.jpg
a0261848_16052645.jpg
a0261848_14255540.jpg
a0261848_14260163.jpg






# by meikyokukahi | 2018-03-23 17:35 | ④トピック・投稿記事・情報 | Comments(0)

487.オンチになるのはなぜ(読売新聞朝刊18.2.1)

おんち は練習で克服できるという。私にとっては朗報だ。
a0261848_10044473.jpg

# by meikyokukahi | 2018-02-03 10:05 | ⑤新聞等の情報 | Comments(0)

486.十五夜お月さん(目黒不動尊)その3(33、13参照)

毎年目黒不動尊をたずねるが今年は記念すべきスーパームーンが今夜予想される昼にお参りにいった。ここは私の菩提寺大日如来がある。
 一五夜お月さんで今回発見したのが歌碑建立にお携わった面々がすごい。藤山一郎さんがおられた。(1920年発表された曲)
 夜はスーパームーンだ(皆既月食)

1.十五夜お月とは
 月は約30日の周期で満ち欠けを繰り返す。新月から満月まで15日ほどかかるので、満月の夜のことを十五夜というのです。
2.平安時代詩唄や管楽の催し。(貴族)江戸時代は月見団子を備える(庶民)
 収穫の感謝
3.雨情が離婚した関
一家離散した家族の女の子が、十五夜の月に話しかけている
 様子を歌っている 

本居長世(下記資料の抜粋)
 1.明治18年御徒町生まれ、41年東京音楽学校ピアノ科卒(首席)邦楽調査補助、ピア
  ノ科助教授、大正9年退官、作曲家へ(目黒に住む)長女みどりさんがオーケストラ晩霜で発表し評判
  童謡以外)白月、ジャンヌダルク(合唱曲)夢(オペラ)十五夜お月さんは日
  本で最初に生まれた童謡といわれる。(歌われた曲として)お寺で満月を仰ぎながら子の唄の構想を練ったと想われ
  ます。
 他の童謡(七つの子、赤い靴、青い目のお人形、四丁目の犬、メエメエ子ヤギお山の大将、汽車ポッポ、)
  その後大正12年アメリカから震災の援助に答えるべく民間使節としてアメリカへ
 中山晋平などは本居にピアノを教わっている。

十五夜の曲について
 わらべ歌の兎、兎 何見てはねる の一部と同じ旋律つまりファで終わってい
 る。これは筝曲の桜、桜、弥生の空は の終わり方と同じ。これが日本らしさといえる。


   

 


a0261848_21125300.jpg

a0261848_21130895.jpg

a0261848_21131688.jpg

a0261848_21143571.jpg

a0261848_21151003.jpg

a0261848_21151834.jpg
a0261848_21165735.jpg


a0261848_21171437.jpg
18.57分
a0261848_21185425.jpg

18.59分
a0261848_21194327.jpg


19.19分
a0261848_21194835.jpg


19.36分

a0261848_21195318.jpg



22.00

a0261848_21195757.jpg


22.42分

a0261848_21203925.jpg









# by meikyokukahi | 2018-02-01 21:20 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

485.新年ご挨拶


あけましておめでとう御座います。
2018年も継続して名曲歌碑めぐりに取り組みます。
a0261848_11060749.jpg
a0261848_11073037.jpg


# by meikyokukahi | 2018-01-01 11:06 | ④トピック・投稿記事・情報 | Comments(0)

484.デカンショ節(千葉県館山市)

デカンショ節発祥の地 碑だが兵庫県篠山(ささやま)市の民謡
である。篠山市無形文化財  詳細https://www.city.sasayama.hyogo.jp/dekansho/enso03.html

デカンショデカンショで半年暮らす  ヨイヨイ
あとの半年ゃ寝て暮らす  ヨーイ ヨーイ デッカンショ
明治末から歌われた。兵庫県篠山町では今も歌われている。
デカンショの意味(諸説)
①篠山町七十五年史で『学生たちが,有名な三人の哲学者 デカルト・カント・ショウベンハウエル の頭文字をもじった』という説
②篠山町百年史では『はやし言葉にすぎず特別の意味を持たない』
③出稼ぎしょ


a0261848_09293436.jpg

a0261848_09295400.jpg
a0261848_09301286.jpg
a0261848_09305963.jpg
碑文の内容(歌碑の裏面)
明治三十一年夏 旧制第一高等学校(一高)の水泳部は,地元館山の人々の好意と協力により 江戸屋旅館に夏季合宿の本部を開設した
 あたかもそこは 丹波篠山の旧藩主 青山忠允子爵の常宿であった これが奇しき縁となって 丹波篠山の民謡「デコンショ」が塩谷 温ら一高水泳部委員に教え伝えられ 「デカンショ節」となって全国の学生にひろがったのである
  昭和三十五年十一月吉日建之
          旧一高水泳部OB会
          館山市観光協会
          兵庫県篠山地方観光協会

a0261848_09322706.jpg





# by meikyokukahi | 2017-11-26 09:32 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

483.靴が鳴る その4(483、243、13、8)参照

歌碑は千葉県久留里小学校にある
482で述べた作曲者の弘田龍太郎がこの学校の校歌を作曲した関係で歌碑があると思われる
a0261848_17404180.jpg
a0261848_17405538.jpg
a0261848_17411315.jpg
a0261848_17415407.jpg
a0261848_17421392.jpg
a0261848_17423464.jpg
a0261848_17425679.jpg
a0261848_17441185.jpg






# by meikyokukahi | 2017-11-25 17:49 | ①ブログ掲載歌碑一覧(掲載順) | Comments(0)

482.浜千鳥その5(465、 233,143,79 番)参照

作詞 鹿島 鳴秋 作曲 弘田龍太郎
歌碑がなぜ千葉県久留里小学校にあるのか学校に直接訪問し問い合わせたがわからず。しかしこの学校の校歌を作曲者弘田龍太郎が作曲されているので関係が深かったのではと。明治政府の学校教育の一環として唱歌を音楽教育として、また国民つくり(意識統一)に必要だということで多くの小学校を新設した。(ちなみに24000校ぐらい作った)また唱歌明治45年に久留里小学校が新設された。
a0261848_17245228.jpg
a0261848_17344575.jpg
a0261848_17351649.jpg






# by meikyokukahi | 2017-11-25 17:35 | ④トピック・投稿記事・情報 | Comments(0)

481.滝廉太郎の箱根八里について その3(130,61番 参照)

a0261848_10130309.jpg

# by meikyokukahi | 2017-11-06 10:15 | ④トピック・投稿記事・情報 | Comments(0)